So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

プレイエルのソナチネ [ピアノ(長女)]

この演奏があることをすっかり忘れていました。

これは長女が小3の時に初めてPTNAのコンペに参加する直前のもので(たぶん2週間くらい前)、とある町のコンサートに参加させていただいたときのものです。
もちろんPTNAのリハーサルのつもりで参加させることにしました。
この時は先生には出演が決まってからご報告し、指導者の名前を書く欄があったので、一応のお伺いを立てたら、難色を示されているようなお顔でした。
こういうことは先生にまずご相談してから決めなければならないことなのでしょうけれど、遠くの町での本番まで先生にお伺いを立てなければならないのでしょうか?
大人だったらこういう機会があればどんどん出演するのが普通ですし、子供だって場数を踏むことは大切ですから、何の問題もないと思います。
まあこの時は”公開レッスン”なるものがついていて、そちらに申し込んだら運よくさせていただけることになったのですね。
会自体は、まったりレッスンの子も多い、アットホームな手作りのコンサートという雰囲気でした。

このときの演奏はまだまだ発展途上で、この後の2週間でまた大きく成長しているのですが、それをお聞かせできないのが残念です。(ちなみにそのPTNAの予選ではかなり良い成績で本選出場が決まったのです。)

1曲はプレイエルの「ソナチネ」、もう1曲はギロックの「スペインのジプシーたち」ですが、著作権の関係上プレイエルしかアップできません。
作品番号は忘れました。(苦笑)→手元にはコピー譜しかないと思います。(もしかしたらあるかも?)
これは2楽章ですね。



まずはコンサートで・・・。



公開レッスンの時、最初に一度弾いています。


公開レッスン。先生の声が入っています。聞き取れないと思いますが。
まったく指導が反映されていません。(苦笑)



この次の年くらいに参加した公開レッスン(これは普段の先生から言われて参加したもの。)ではまた更に成長しているので指導されたことをある程度は反映した演奏ができていますが、子供の公開レッスンなんてこんなものなのでしょうね。

作曲のプレイエルはプレイエル・ピアノの創業者なのですよね?
軽やかなソナチネです。
PTNAコンペの講評では「まったく別のピアノかと思いました!」なんて書いてくださった先生がいらっしゃいました。
しかもすごい高得点をくださって。
上の演奏は無難に弾けましたというレヴェルですよね。
親としては失敗しなければそれでいい、と思うものですが・・・。


nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 10

nyankome

コンサートの演奏は、なめらかに弾けていますね。
小3というのもまだ発展途上というのも凄いです。
by nyankome (2009-07-05 20:18) 

Cecilia

nyankomeさん、nice&コメントありがとうございます!
ひそかに更新したのですが(笑)、気付いてくださってありがとうございます!
大人の2週間は大して変わらないのですが、子供の2週間は大人の数ヶ月に匹敵すると思いました。(大げさ?)

by Cecilia (2009-07-06 08:17) 

Cecilia

LittleMyさん、niceありがとうございます!
by Cecilia (2009-08-06 10:15) 

Cecilia

Krauseさん、niceありがとうございます!
by Cecilia (2009-09-16 08:51) 

Cecilia

yablinskyさん、niceありがとうございます!
by Cecilia (2010-01-04 09:22) 

若鷹タカ子

こんにちは
はじめまして
わかたかたかこ と申します

後で演奏が聞ける場所に移動します。この公民館PC聞けないようで。
子供さん高得点で良かったですね!

クラシックの知識はFスケートの使用楽曲以外に皆無なのですけど、(汗)

青池保子先生のイブ息について返事書いてくださったのでこれは直接お伺いしなくては、と思ったらもう1つのブログは認証が…涙。

ピアノ?先生お宅の猫さんの記事にコメントしようとしていたのでした…。
アビシニアンは柄が無いのでエジプシャンマウのことかな?
ブランド猫なのに外に出して大丈夫か、と心配にニャりました(笑)

今後ともよろしくお願いいたします


ではまた
若鷹タカ子
A Cat, a Camera and a Cup of Coffee 猫とカメラとコーヒーと


by 若鷹タカ子 (2010-10-12 15:31) 

鷹タカ子

Cecilia 様

こちらに直接お伺いするのがいいかと思いました、若鷹タカ子と申します。
ヤブリンスキーさんから流れてまいりました。

「Cecilia, you are breaking my heart」と、S&Gの曲から採用なさったのかしらん、と気になってはいたのですよ(笑)
ちなみに吉田秋生先生の「カリフォルニア物語」で存在を知った曲ですね、「ボクサー」と共に。

英パンク・New Wave (現在はAlternativeと呼称)が好きなので、ハードメタル、プログレ等は苦手なのですが「ロッキンオン」等を読んでいたので一応の知識はあります。
オズボーン一家が現在アイドル扱いされているのも不思議な感じですね。

ヤブリンスキーさんに投稿する方々と違ってクラシックの知識は皆無に近いのですがFスケートファン(にはクラシック詳しい人多いです)なので、使用楽曲なら何とか知っているかな、という程度。

「イブの息子たち」は、歴史上の人物が国籍時代関係無く入り乱れて引用パロディーも荒唐無稽で唯一無比の作品ですね。
男性には「エロイカより愛をこめて」も人気が高いかもしれませんね。
あれも伯爵はRプラントがモデルですし、ジェームズ君、ボーナム君も…(笑)。

matcha 様のブログに「山岸涼子先生の『グリーンフーズ』でカーペンターズ兄妹がモデルかもしれない」と投稿したのですがお気づきでしょうか?

ではまた、長々とすみません。
今後とも宜しくお願いいたします
若鷹タカ子

by 鷹タカ子 (2010-10-12 22:29) 

Cecilia

若鷹タカ子さん、コメントありがとうございます!
こちらは更新をしてなくて気付くのが遅くなりました。
子供の演奏はもう何年も前のものです。

>ピアノ?先生お宅の猫さんの記事にコメントしようとしていたのでした…。


この記事でしょうか。
http://santa-cecilia.blog.so-net.ne.jp/2006-11-27
もうピアノをやめて数年になり先生にもご無沙汰しています。
この猫ちゃんは普通にお宅の周辺を徘徊しています。

HNのCeciliaはアイコンの絵にもなっていますが”音楽の守護聖人”のSanta Ceciliaですね。
恐れ多いですけれど。(笑)

>男性には「エロイカより愛をこめて」も人気が高いかもしれませんね。

やはり音楽が好きな義兄が全巻送ってくれました。
でも暇がなくてまだ読んでいません。

>matcha 様のブログに「山岸涼子先生の『グリーンフーズ』でカーペンターズ兄妹がモデルかもしれない」と投稿したのですがお気づきでしょうか?

気がついていませんでした。
また拝見させていただきますね。

こちらこそよろしくお願いいたします。

by Cecilia (2010-10-15 10:34) 

krause

本ブログにメッセージが入らないようなので、こちらから失礼します(エラーが出ました)。

すいません、メッセージを入れたのに入っていなかったようです。
退院おめでとうございます。入院生活・手術は、肉体的にも精神的にも大変かと存じますが、一つの峠を超えられたことと存じます。
by krause (2012-12-24 17:56) 

Cecilia

krauseさん、コメントありがとうございます!
こちらのブログはたまにしか見ないので気がつかず失礼いたしました。
短期間の入院、低侵襲の手術で思ったより回復が早いです。
手術の効果はこれからじわじわと出てくるのですが希望通り行くかどうかが問題です。
by Cecilia (2013-01-14 03:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。